転職時の悩み

会社が辛いと悩むあなたへ!今できる対処法と転職の見極め方とは

様々な理由で、「会社が辛い」「仕事を辞めたい」と悩む人は多いと思います。

しかし、自分が辛いと思っている理由は甘えなのではないか、この理由で会社を辞めるという決断をしてもよいのだろうかとなかなか判断がつかず、辛い状況を続けてしまっている人も少なくはありません。

今回は、他の人たちがどんな理由で会社が辛いと思っているのかをご紹介しながら、今できる対処法や、転職する場合の判断材料、重要なポイントをご説明していきます。

会社が辛いと思う理由8つ!

多くの世間一般の方々が思う会社が辛いという理由を8つご紹介していきます。

  1. 給料が低い
  2. 会社の人間関係が悪い
  3. 過重労働である
  4. 仕事内容が合わない
  5. 将来性、安定性に不安がある
  6. 成果や姿勢を適切に評価されない
  7. 体調が優れない
  8. 仕事を覚えられない、ミスが多い

きっと今あなたが悩まれている理由と同じものがあるのではないでしょうか。一つずつ詳しく見ていきましょう。

給料が低い

会社で働いていく中で、給料というものは一つのモチベーションになります。

仕事をこれだけ頑張っているのに、給料が思うようにもらえていないとなると、なぜ自分はこの会社で働いているのだろうかと悩み、仕事が辛くなってきてしまいます。

会社の人間関係が悪い

会社で過ごす時間は人生の中でも多くの割合を占めます。その多くの時間を、ギスギスした人間関係の中で過ごしたり、険悪なムードで過ごすのは、誰でも会社が辛くなりますよね。

会社にいるのは仕事をするというのが一番の目的であるのに、その職場の人間関係が悪いと仕事に集中できなくなることもあります。

過重労働である

いわゆるブラック企業であった場合、時間外労働が多かったり休暇や休憩が十分にとれないということもあるかもしれません。

過重労働が続くと、精神的苦痛だけではなく体も壊してしまう恐れがあります。

そのため、過重労働に苦しんでいる人は今の自分の労働環境が適切なものか判断し、早急に対応する必要があります

仕事内容が合わない

自分がやりたかった仕事とは違う、あるいは自分のできる仕事の範疇を超えているといった場合、仕事にやりがいや達成感を持てず、どんどん会社が辛くなっていってしまうことがあります。

新しい仕事に就き、間もない時であれば慣れるまで仕事を続けていくことも良いかと思いますが、1年以上同じ仕事をしていても、仕事内容が合わなくて辛いと感じる場合には、対処方法を検討した方が良いでしょう。

将来性、安定性に不安がある

会社の業績が不安定で将来が見えないと働いていることが辛くなってきますよね。

自分のスキル・キャリアアップやライフプランを考えることは大切です。

これからの自分の将来のために、今の会社で働くことに不安や辛さがあるのであれば転職などを視野に入れるのも一つの解決策になります。

成果や姿勢を適切に評価されない

仕事を懸命に頑張り、結果を残したとしても、それが上司や会社から適切に評価されないと残るものが疲労感だけです。それは辛さにしかなりません。

良い会社であれば、成果や仕事に向き合う姿勢を適切に評価してくれるはずです。

この理由で今辛いと感じているのであれば、それは正しい感情ですし、対応策が必要になってくるでしょう。

体調が優れない

仕事をしていて体調が優れずに辛いという場合。体調が悪くなる理由によってはは、早急な対策が必要になります。

  • 原因が明確なパターン
    • 趣味などで夜更かしをして、業務中に体調が悪い
    • 体調管理や栄養管理を疎かにして慢性的に体調が悪い
  • 原因がわからないパターン
    • 体調管理には気を遣っているが、なんとなく不調が続いている
    • 会社に行く日だけ体調が悪い気がする

上記の2パターンでは辛さを許容できるかできないかが別れてくるかと思います。

体調不良の原因がわからない場合は、身体的な不調というよりも心が疲弊している可能性が高いです。

原因がはっきりとしない場合、一度通院することも検討してみてください。

仕事を覚えらない、ミスが多い

仕事がなかなか覚えられなかったり、ミスが多いと周囲からの目も気になりますし、精神的苦痛が増えると思います。

この理由は、どのくらいの期間ずっと仕事が覚えられていないのか、ミスが続いているのか、また、その原因は何なのかを深掘りして推察してみることが重要です。

まだ仕事を始めてから1ヶ月程度であれば、徐々に仕事も覚えられ、その辛さは軽減していく可能性があります。

会社内でできる対処法

今辛いと思っている理由の中には、会社の中でちょっとした対処法を試みることで解決できるものもあるかと思います。

  • 信頼できる同僚・上司に相談してみる
  • 辛いと思う理由を書き出してみる
  • コミュニケーションを改める
  • オンオフをしっかり切り替える
  • 部署替えや担当業務の変更を依頼する
  • 休暇申請(休職)をしてみる

これらの対処法は、会社が辛いと思うどの理由にも対処できる汎用的なものです。まずは今できることから少しずつ試してみてください。

また過重労働や会社が倒産してしまうなどの辛さであれば、転職を検討するのも一つの手段です。

転職理由にして良い辛さ」の見出しで説明していますので参考にしてください。

信頼できる同僚・上司に相談してみる

会社で働くいていることが辛い感じている場合、自分だけで悩んでいることが一番良くなかったりします。

もし、会社の中で信頼できる同僚や上司がいるのであれば一度相談してみましょう。人に話すことで気持ちが楽になったり、自分が思いもつかなかった解決策を提案してくれることもあります。

辛いと思う理由を書き出してみる

なんだかよくわからないけど体調が悪い、会社で相談できる人がいない、なんて話したらよいかまとまらないという時は、まず辛いと思う理由を紙に書き出してみることも一つの方法です。

人に話すことと同様、紙に書き出すことで抱え込んでいた辛さが少し軽減する場合もありますし、自分の状況を客観的に見ることができます

  • なぜ自分は辛いと感じているのか
  • どうすれば解決するのか
  • 今できることはあるのか

紙に書き出すことで、これらのことを少しずつ整理することが大切です。

コミュニケーションを改める

会社が辛いと感じている場合には、人とのコミュニケーションであったり、人間関係が関わっている場合が多くあります。

その場合、会社での自分のコミュニケーションはどうだったか一度思い返してみてください。

  • 挨拶は笑顔でしていたか
  • 目を見て話せていたか
  • 仕事上の伝達や報告は怠っていなかったか
  • 必要な雑談はしていたか

会社での人間関係が良好になると、今までの辛さは軽減していく場合が多いです。

今一度、自分のコミュニケーションを振り返り、できるところからチャレンジしてみてください。

オンオフをしっかり切り替える

仕事が体力的にも精神的にも辛い。だけど、この仕事は辞めたくないという場合もあるかと思います。

その場合には、しっかりと仕事の時間と休憩や休暇の時間でのオンオフの切り替えをしっかりと行うよう意識することが大切です。

仕事している時が辛くても、終わればゆっくりと休息をとる。休日には自分の好きなことをしてリフレッシュすることで、辛さがありながらも、上手くコントロールしながら仕事を続けていくことができると思います。

部署替えや担当業務の変更を依頼する

部署内の人間関係がどうしても合わない、あるいは仕事内容が合わず改善が難しい場合。

会社内の部署替えや担当業務の変更を依頼することも一つの手段です。せっかく入社できた会社で、また転職するとなると大変なことも増えていきます。

まずは今の会社で改善できる方法があるのであれば、上司に相談し、可能な限りで対応してもらうことも検討してみてもよいのではないでしょうか。

休暇申請(休職)をしてみる

精神的な辛さや体調不良が続いている場合には、一度病院を受診し、会社側に休暇申請や休職の相談することも一つの手段です。

無理をして、働き続ける事が一番自分自身にとって良くありません

一度ゆっくり休んで休養することで精神的に安定したり、体調が回復し、また仕事に打ち込めるようになる可能性もあります。

転職理由にして良い辛さとダメな辛さ

冒頭では、世間一般の多くの方が感じる会社が辛いと思う理由をご紹介しました。辛いと悩む場合、頭をよぎるのが会社辞めようかな、転職した方が良いのかなということだと思います。

しかし、転職を検討してもよい辛さと、転職という決断をしない方が良い辛さをしっかりと判別することが大切です。

転職するとなると、面接時に必ず転職理由を聞かれます。その時に、面接官に良い印象を持たれるかどうかが分かれるからです。

会社が辛い理由を分類し、それらの具体的な理由をご説明していきます。

転職理由にして良い辛さ

  • 人間関係が悪く精神的ダメージが大きい
  • 過重労働で辛い
  • 仕事内容が合わず辛い
  • 将来性や安定性が不安定
  • 成果や姿勢を適切に評価されずに辛い

まずは会社でできる対処法を試しても、状況が変わらないと判断した場合。これらの辛さは、転職を決断する理由にしても良いものです。

特に過重労働については、労働基準法違反の可能性もあるので、内容によっては、無条件で転職理由にしても良い場合もあります

会社が辛いと感じながらも、自分の将来のためにならない時間を費やすのはもったいないです。

上記の理由で辛いと感じている方は、より良い環境と将来性の見込める会社を探し、転職するというのが一番の解決策になり得るでしょう。

転職理由にしてはダメな辛さ

  • なんとなく働きたくない
  • 仕事が覚えられない、ミスが多い
  • 職場の人たちと上手く話せない
  • 今の給料に満足できない

これらの辛さに共通することは、まだ会社や自分に対して改善できる可能性があるという点です。

忘れてはいけないことは、会社が辛いという理由を他責にしてしまわないこと。今一度、辛いと感じていることは、少しの努力や工夫で改善できないか考えてみてください。

そして給料に関しても、ただそこだけをみて満足できないと判断するのは危険です。仕事内容や働く環境、福利厚生なども総合的に判断した上で適切な給料かをしっかり見極めて判断をしなければ、今後同じ理由で転職を繰り返してしまう可能性もあります。

見逃してはいけない6つのSOSサイン

会社が辛いと悩んでいる時には、体や心に何かしら影響が及ぶことも考えられます。どのようなものであれ、辛いという気持ちを放っておくことは良くありません。

そして、その中でも特に見逃してはいけないSOSサインというものがあるのです。

  • 何事にも意欲が持てない
  • 不安や焦燥感がある
  • 疲れているのに眠れない/朝起きられない
  • 食欲が出ない
  • ケアレスミスが多くなる
  • 仕事の日は頭痛や腹痛がある

これらのSOSサインが現れた場合に共通して言えることは、無理をせず休養すること、必要に応じて専門医や産業医を受診することをおすすめします。

何事にも意欲が持てない

  • 仕事をしなければいけないのに、ぼんやりとしてしまってやる気が出ない
  • 気持ちが落ち込みがちになり、元気が出ない
  • 仕事に集中できない

上記のような症状は、SOSサインとして見落とされがちですが、精神的ストレスによる抑うつ傾向の現れでもあります。

仕事やプライベートでやらなければいけないことがあるのに、なぜか進めることができない。これは、自分の怠惰ではなく、心が示している一つのSOSサインです。

そんな時は、一度十分な休息をとり、無理をしないことが大切です。

不安や焦燥感がある

理由がハッキリとしないが、いつも不安や焦燥感がある。そんな方は、心身へのストレスが多く、SOSサインとして現れていることがあります。

特に責任感が強く完璧主義な方ほど、会社が辛いと感じていると、不安や焦燥感に駆られやすくなる傾向があります。

今、辛い、不安だと感じていることを受け止め、我慢しないことが大切です。

疲れているのに眠れない/朝起きられない

なかなか自分では気がつかないうちに、精神的ストレスを受けている場合があります。

そういった小さなSOSを放っておいてしまうと、疲れているのに眠れない、寝つきが悪く朝もなかなか起きられないといった症状がみられるようになってきます。

また、自分でも追い詰められている状態であるとなかなか気がつきにくいのが特徴です。こういった症状がみられた場合には、十分に休息をとり無理をしないことが重要です。

さらに寝坊してしまうと上司や同僚からのイメージも悪くなり、ますます精神的ダメージが溜まることになります。

眠れない日が続くときは、睡眠障害の患者を受け付けている病院へ行ってみるのも一つの選択肢です。

食欲が出ない

食欲が出ないということは、精神的ストレスや体調不良など、何かしら自分の中でダメージを受けている表れです。

食欲が出ず十分な栄養が摂れなくなると、より精神的な落ち込みや体調を崩すことに繋がり、仕事をしていることが益々辛くなってきます。

早い段階で自分からのSOSに気がつき、適切な対応策を検討することが必要です。

ケアレスミスが多くなる

会社が辛いと感じながら無理して仕事を続けていくと、今まではしなかったケアレスミスを繰り返すようになることがあります。

精神的ストレスから集中力や注意力の低下を引き起こし、自分でも気づかぬうちにかなり追い込まれている状態になってしまうのです。

自分ではなかなか異変に気がつきにくい場合がありますので、周囲の人から注意や指摘されることが増えたという時には、一度ゆっくりと休息をとり、無理をしていないか自分の心身の状態をみつめることが大切なのです。

仕事の日は頭痛や腹痛がある

休日はなんともないのに、仕事の日に限って頭痛や腹痛があるという場合。仕事や会社に対して過度なストレスを感じており、体が拒否反応を示している証拠です。

このような症状がしばらく続くようであれば、やはり会社や働き方を変える必要が出てくると思います。

無理せず転職も視野に入れてまずは専門医や産業医に相談してみると良いでしょう。

転職の流れと必要な期間

会社が辛く、できる限りの対処法を試してみても解決が難しい場合には転職をするということも選択肢の一つです。

転職をする場合に必要な期間と具体的にどんな流れで進めて行けばよいかをご紹介しますので、こちらを参考に、会社を辞めると決断する前に今後のスケジュールも考えてみてください

必要な転職期間

人それぞれ転職するための期間は異なりますが、目安として約3ヶ月~半年くらいかかると考えておくと良いでしょう。

それは、転職先を見つけるまでの準備期間や書類作成、面接の実施や、現在の会社を辞める手続きに一定の期間を要するためです。

転職までのスケジュールに沿って詳しくご説明していきます。

転職活動をして内定をもらう

会社が辛く、転職をしようと決意する場合には、すぐ今の会社に辞表を提出するのではなく、次の転職先に内定をもらってから辞める意思を伝えることをおすすめします。

その理由には以下のようなものが挙げられます。

  • ブランクなく次の会社に転職ができる
  • 金銭的不安が軽減できる
  • 転職先が見つからないと焦ることがない
  • 今の会社をきっぱり辞めるという意思が固まる

今抱えている会社での辛さを感じることなく働ける、納得のいく会社を見つけ、内定をもらってから安心して次なる一歩を進みましょう。

もちろん、専門医の勧めや、どうしても我慢出来ない場合は、辞めてから転職活動をする選択肢もあります。そういった場合には、こちらの記事を参考にしてみてください。

転職活動は会社を辞めてから?在職中から?転職活動の実状とは

退職の意思を伝える

次の転職先から内定をもらったら、まず直属の上司に退職の意思を伝えます

退職の意思を伝える際には、下記のポイントを意識しながら伝えることが大切です。

  • ブレない強い意思を示す
  • 転職理由として今の会社の不満を伝えない
  • 退職希望日(時期)を明確に伝える
  • 感謝の気持ちと次の転職先で挑戦したいことをしっかりと伝える

できる限り円満退社できるよう、誠意をもって伝えることが大切です。

退職日決定、退職届を提出する

直属の上司に退職の意向と時期について伝えたら、次に具体的な退職日を決定します。

退職日が決定した後、会社の決まりに従って退職日を載せた退職届を提出しましょう。

引継ぎ、挨拶まわり

退職日が決まると、業務の引継ぎや会社内外への挨拶まわりを行います。

引継ぎは伝え漏れがないようにチェックリストやマニュアルの作成等を行うとより丁寧です。

挨拶まわりの際には後任の紹介をしますが、退職理由に関しては詳細までは伝えず、あくまでも感謝の気持ちを伝えるのみにと留めておくことが良いでしょう。

退職、転職先への入職

いざ今の会社を退職して、新しい職場へ入職する場合には、様々な手続きがあることを忘れないでください。

それぞれの会社の指示に従い、必要書類の提出や公的手続きを行うようにしましょう。

スムーズな退職をするためにこちらも参考にしてみてください。

退職時に必要な書類と退職をスムーズに進めるためのチェックリスト

円満退社のためにすべきこと

会社が辛く、転職を決意したとしても、できる限り円満退社で終わりたいものですよね。

快く会社を辞めて、次のステップに進めるようにするために意識すべきポイントをご紹介していきます。

  • 転職スケジュールと退職時期を見極める
  • 2~3ヶ月前には退職の意思を伝える
  • 引継ぎ準備を入念に行う
  • お礼や挨拶を直接真摯に伝える

一つずつ詳しく見ていきましょう。

転職スケジュールと退職時期を見極める

退職時期は会社側にとっても新入社員が入社してすぐの時期や繁忙期、人員不足の時期などをなるべく避けた方が、退職を比較的受け入れやすい傾向があります。

そして、上記で退職の流れと必要な期間をお伝えしたように、転職スケジュールはある程度前々から準備しておく必要があるのです。

転職をする際には、これらのことを踏まえてゆとりをもってスケジュールを立てていきましょう

2~3ヶ月前には退職の意思を伝える

会社を辞める際、退職の2週間前に退職届を提出すれば退職できると法律上定められていますが、引継ぎや退職手続きのため、退職日から約2~3か月前には退職の意思を伝えるのが一般的となっています。

退職時期の会社の状況なども踏まえながら、できる限りスムーズに退職できるよう先を見据えて準備に取り掛かりましょう。

引継ぎ準備を入念に行う

円満退社するためには、終わりが肝心です。最後まで誠意を忘れないよう、丁寧かつ簡潔な引継ぎができるかで送り出す会社側の対応も変わってきます。

担当業務のリスト化やマニュアル作成などを実施し、退職後誰が引き継いでも分かりやすい状態を作っておくとより丁寧な対応と言えるでしょう。

お世話になった方にお礼や挨拶を伝える

会社が辛くて転職を決断したとしても、最後は会社の同僚上司、お世話になった方々へお礼や挨拶を真摯に伝えることが大切です。

メールや手紙などでも良いですが、直接伝えられるのであれば顔を合わせてもしくはオンライン(テレカン)などで感謝の気持ちを伝えられると良いでしょう。

自分も会社側も、気持ちよく退職を迎えられるかで次の新しいステージに進む心持ちが変わってきます。

転職や退職手続きが一人で不安な場合

初めての転職や退職手続きに不安がある場合には、手助けしてくれるサービスがあるのをご存知でしょうか。

特にブラック企業などで会社を辞めにくい方や一人で転職活動を進めるには自信のない方は、転職成功のためにこれらのサービスを活用することをおすすめします。

退職代行を活用する

ブラック企業や労働環境が劣悪な会社の場合、退職の意思を伝えても辞めさせてもらえないケースもあります。

会社が辛くても辞められず、退職の意思を伝えた手前会社に居づらくなりより辛い状況になるということはできる限り避けたいものです。

そう言った場合に、料金を支払い、本人の代わりに退職の意思を会社側に伝えてくれるのが退職代行サービスになります。

直接会社には伝えにくい有給消化や必要書類の請求なども含めて伝えてくれる場合がありますので、スムーズに退職できなそうな場合は利用を検討することも一つです。

退職代行は「会社が辞めることを認めてくれない」、「退職の意向を伝えた社員への仕打ちがひどい」など、会社側に大きな問題があるときに使うことをおすすめします。

今後のためにも、まずは「自分で退職意向を伝える」ことを検討してみてください。

転職エージェントを活用する

転職活動をする場合、どんな会社があり、自分にはどの会社が合っているかなかなか探すまでに時間がかかったり、手続きが分からない場合もあるかと思います。

そんな時は、転職エージェントを活用することで、転職のプロがあなたに合った転職先を紹介してくれたり、面接のコツや履歴書作成の添削など一連の手続きをサポートしてくれます。

転職エージェントは、就職が決まった場合に成功報酬として企業側から報酬を得ているため、基本的に無料で利用することができます

転職エージェントは「担当」がつきます。担当の方との相性もありますので、複数の転職エージェントに登録することをおすすめします。

自分に合った働き方をするために

会社が辛いと感じた時に、そのまま我慢し放っておくことは一番避けなければなりません。

辛い状況になっている要因は何なのか。その要因に対して今できること、ちょっとした工夫で変えられることはあるかを考えてみましょう。

そして、状況の改善が見込めない場合には、会社を辞める、転職をするという決断は決して悪いことではありませんし、難しいことではありません。

使えるサービスを活用しながら、無理なく少しでも状況を変えていくことが大切です。

自分のSOSを見逃さず、時には十分な休息をとって、ご自分に合った働き方を探してみてください。

関連して読まれている記事