転職サービス紹介

求人サイトと転職エージェントの両方が使えるdodaの退会方法

こちらの記事に記載されている転職サービスの情報は、2021年4月時点の情報です。

転職活動が終了したら、これまで利用してきた転職サービスを退会したい、一時的に利用を停止したいといった方々は多いのではないでしょうか。

また、登録したサービスが自分に合わないから退会したい、そういった方もいらっしゃるかと思います。

今回は、そんなご希望をお持ちでかつ転職サイト、転職エージェントdodaを利用している方向けに退会のやり方についてご説明いたします。

まだdodaを登録してないけれども事前に退会のやり方を確認しておきたい、個人情報の取扱いについて確認しておきたいという皆様もぜひこの記事をご覧ください。

この記事はこんな方にオススメ!
  • dodaに登録しているけれども退会のやり方がわからない方
  • dodaに登録する前だけれども、事前に退会のやり方について確認しておきたい方
  • dodaを退会した時に個人情報の取り扱いがどうなるか心配な方

dodaの辞め方は簡単??

dodaの退会方法はとても簡単です。

転職サイトや人材紹介サービスにとって、登録いただいた情報はとても重要なリソースなので、中には退会のやり方が複雑なケースもあったりしますが、dodaはその点とても親切設計で簡単に退会が出来ます。

まだ登録される前でちゃんと退会出来るか不安な方もその点はご安心ください。

dodaの登録の仕方を詳しく知りたい方は、こちらの記事に書いてますのでよければご覧ください。

求人サイトと転職エージェントの両方が使えるdodaの会員登録方法dodaの会員登録方法まとめ記事です。転職サイトと転職エージェントを一度に登録できるのに、どちらも利用したいと思っている方におすすめの転職サービスです。...

退会前に確認!退会後にできなくなること

dodaを退会すると、登録されてる情報が消えることで出来なくなったり、利用出来なくなるツールがあったりします。

転職活動を終えている場合は問題ないかと思いますが、転職活動中の場合は下記している出来なくなることを事前に理解した上で、本当に退会すべきかどうかを検討し、退会するようにしましょう。

応募が出来なくなる、キャンセルになる

doda(転職サイト)、dodaエージェント(人材紹介)、両方のサービス上での求人への応募が出来なくなります。

退会すると登録情報がすべて消えます。応募時に企業に送る履歴書、職務経歴書の情報は無くなりますので、求人応募が出来なくなります。

また、既に応募していた場合、応募した情報もすべて閲覧できなくなります。
同時に、応募の選考も全てキャンセル扱いになり、途中辞退という形になります。

選考途中の応募企業がある場合は、絶対に退会しないようにしましょう。

退会すると応募がキャンセルになるため、選考中の応募がある場合は絶対に退会しないように!

dodaエージェントが紹介してくれた求人が閲覧できなくなる

dodaエージェントを利用している場合、面談時に求人をご紹介していただきます。

その紹介いただいた求人は退会するとすべて見られなくなります。

世の中には人材紹介でしか取り扱ってない求人もたくさんあるため、退会する時はこの点も慎重に考えて決断するようにしましょう。

dodaエージェントへの相談ができなくなる

上記と同様、dodaエージェントを利用している場合、キャリアアドバイザーの方と連絡を取り合い、相談や面接対策、面接日程調整などを実施されてきたと思いますが、そのすべてのサービスが受けられなくなります。

連絡先を交換されている場合は、直接連絡することは出来ますが、基本的にはサービスは受けられないと思ったほうがよいでしょう。

一部転職支援ツールが利用できなくなる

dodaには転職支援を目的とした様々な診断/書類作成ツールがあります。

その一部は登録情報を元に支援してくれており、そのようなツールは利用出来なくなります。そのツールを下記いたしますのでご確認ください。

 

  • 人気企業300社の合格診断
  • レジュメビルダー
  • キャリアタイプ診断
  • はたらく女性のためのモヤモヤ解消診断

doda退会方法の流れ

実際に、退会するまでの流れについてご説明します。

筆者も実際に退会処理をしてみましたが、とても簡単で1分くらいで完了します。

dodaの退会方法
  • ステップ1
    トップページ

    トップページの右上にある登録情報設定ボタンを押します。

  • ステップ2
    退会申請ボタンを押す

    登録情報設定画面に飛びますので、下にスクロールして「ブロック設定」の項目にある、「doda会員登録 退会手続き」を確認し、右にある「退会申請」ボタンを押します。

  • ステップ3
    dodaを退会するボタンを押す

    「doda 退会のお申し込み」という画面に飛びますので、そのまま「dodaを退会する]ボタンを押しましょう

退会時の注意点

ここまで退会の方法について説明してきましたが、実はサービスの利用内容によっては退会しただけではすべて完了しないケースがあります。また、退会をしたい理由によっては退会しなくても問題解決されるケースもありますので、注意点について下記します。

LINEの友達は削除されない

dodaエージェントをご利用された場合に、エージェントからの連絡をLINEで通知することを同意されると、LINEメッセージで連絡がきます。

このLINEからのメッセージは退会されても送られ続けます。

こちらの情報も停止されたい場合は、dodaキャリアアドバイザー」アカウントからの通知をブロックしてください。

メールの配信停止は退会しなくてもできる

退会されたい人の中には、メール受信が多すぎて邪魔だから退会されたいという方もいらっしゃるかと思います。

しかし、実は退会しなくてもメール配信だけ停止する方法がありますのでご説明します。

退会の流れでご説明した、「登録情報設定」の画面に、「メール配信設定」という項目(下図参照)から配信停止ができます。

エージェントからのメール、メールマガジンなど細かく配信停止設定をできますので、不要なメールを選択し設定を行いましょう。

退会すると個人情報の取扱いはどうなる?

退会した後、登録した個人情報がどう取り扱われるか気になる方もいらっしゃるかと思います。

基本的には、退会手続き後dodaが責任を持って削除してくれますのでご安心ください。
(会社として一定期間保管しなければいけない義務などもありますので、実際度のタイミングで削除されるかは直接お問い合わせください。)

また、提出した書類について「返却」をご希望される場合は下記2つの方法で返却してもらうことも可能です。

インターネットによる請求

ご利用されているサービスの問い合わせ先に直接連絡して返却する形になります。

パーソルキャリア株式会社 サービス一覧

上記サービス以外を利用の方は下記お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

郵送による請求

dodaが指定する「個人情報開示請求書」という書類をダウンロードし、添付書類を郵送頂く形になります。

必要な書類や送付先は「個人情報の取り扱いについて」のページ内にある第3章をご覧ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?dodaの退会は簡単に出来ます。しかし、退会するとそれまで労力をかけてきた書類作成情報などがすべて消えてしまったり、出来なくなってしまうことが増えるので転職活動が完了して不要になったなど、よっぽどの理由がない限り退会しないことをオススメします。

退会時は本当に退会すべきかよく考えてから動いてみてください。

 

関連して読まれている記事